竣栄工業

メールでのお問い合わせはこちら

事  業  案  内

home事業案内アルポリック加工業務

見たい

聞きたい

アルポリック加工業務

建材として見たアルポリック

アルポリックは三菱樹脂株式会社の製品で、表面にアルミニウム、心材に樹脂を使用した3層構造からなるアルミ樹脂複合版です。「軽くて強い」、「良好な平面性」、「色むらのない仕上がり」、「加工のしやすさ」などの多くの優れた特長を持ち、1971年に登場して以来、現在では世界各国で使われるスタンダードな建材となリました。豊富な色数と表面処理、防火認定グレードを取得したもの、表面にステンレスを使用したものなど、製品の選択や構成を変えることでさまざまな意匠・特性を発揮し、室内外を問わず幅広い用途で使用することができます。

建材として見たアルポリック

加工ディテールから見たアルポリック

外壁などでアルポリックを採用する際、意外に知られていないのは、パネル加工の重要性。よくある誤解は、アルポリックはカットして貼り付ければ施工完了!と思われていること。メーカーの三菱樹脂が販売しているのはアルポリックという商品名の素材なので、内装はともかく外壁工事でそのまま貼り付けて完了!という現場は殆どありません。素材としての板を、意匠や強度、防水性や耐久性など、設計仕様をもとに加工する必要があリます。実はアルポリック施工において最も重要なのがこの加工作業。フレーム加工を施すことで「アルポリック」という素材は初めて「アルポリックパネル」という建材になるのです。
塗装面の美しさや金属的な機能美など、アルポリックの意匠性を100%引き出すためには小口の見え方が重要な要素になります。そこで、フレーム加工はパネルエッジの見え方によって3タイプに分類されます。それぞれに長所・短所があり、施工する場所によっては、向き・不向きが出ることもあります。

アルポリック加工の専門会社

フレーム加工を施すことで「アルポリック」という素材は初めて「アルポリックパネル」という建材になります。竣栄工業ではアルポリック施工に関わるあらゆるフレーム加工を承ります。施主様の求める意匠を確実に実現するため、デザイン設計を含め、各種施工法に合う最適なフレーム加工をご提案。また、一次・二次胴縁の工事や、納期・施工期間のご相談にもトータルに対応いたします。それを可能にするのは、一貫した自社加工と施工管理。アルポリック専門の設計室とアルポリック専用の加工工場、アルポリック専従の現場職人チームを持ち、豊富な経験と行き届いた現場監理による限りない現場主義を貫いています。単発の一枚物の加工から、大規模な商業施設・オフィスビルの内外壁まで、アルポリックの施工/加工は弊社にご相談ください。

アルポリック加工の専門会社

お問い合わせはこちら
PageTop

株式会社 竣栄工業
東京都江戸川区篠崎町7-27-8 アルファロメオビル5F TEL03-5243-3567

Copyright © shun-ei Corporation All Rights Reserved