竣栄工業

メールでのお問い合わせはこちら

事  業  案  内

home事業案内アルポリック施工業務ハンギング工法

見たい

知りたい

ハンキング工法

ハンギング工法は、海外ではパネル取り付け工法として最も多く採用されている工法です。仕組みは極めてシンプルで、箱折り加工したパネルの側面に切り欠きを施し、別に設置した取り付けレールのシャフトに引っ掛けて固定するというもの。揺れに強く、原理的に外れることのない、強くてスピーディーな施工法です。竣栄工業ではこの合理的な工法を、アルポリックパネル専用に「 3StepのHanging system」としてシステム化。ハンギング工法によるアルポリック施工を手がける国内唯一の会社として、数多くの実績を上げています。

ハンキング工法

最少2mmの細目地で施工できるため。幅広い意匠に対応

箱折り加工したパネルをレールのシャフトに引っ掛けていく工法のため、ビス留め工法のように目地幅を広くとる必要がありません。最少2mmの細目地が可能で、高い意匠性を実現します。また、工法原理的にシール工事をしなくとも防水性があります。

ハンキング工法

3step(スリーステップ)のスピーディーなシステム工法

竣栄工業ではハンギング工法を 「 3STEPのHanging system 」 としてシステム化。下地工事の 《Step1 胴縁施工》、 フレーム工事の 《Step2 レール施工》、 パネル工事の 《Step3パネル施工》の工程で、トータルコストを抑えるスピーディーな施工を実現します。

無足場での施工が可能

パネルを建物内部から取り付けることができるため、無足場による外壁の施工が可能*です。足場が組めない隣地境界ギリギリの現場も越境することなく施工できるほか、足場経費が不要なためトータルコストの削減が期待できます。 *新築の設計時に、躯体のラーメン構造や梁・柱型の位置など、いくつかの要件を満たす必要があります。

施工日を限定しない低騒音のパネル工事

「 Hanging system 」のパネル工事は、加工されたパネルをハンギングするだけなので極めて低騒音。近隣への配慮など、工事日を限定することなく施工できます。

PageTop

株式会社 竣栄工業
東京都江戸川区篠崎町7-27-8 アルファロメオビル5F TEL03-5243-3567

Copyright © shun-ei Corporation All Rights Reserved